忍者ブログ
基本オリジナル。 やりたいことを、やりたいときに
2018 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2018/09 10
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    フリーエリア
    最新CM
    [11/15 鈴華]
    [09/22 鈴華]
    [09/13 クロコ]
    [09/04 櫻]
    [08/10 黒白灰]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    クロコ
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    楽しいことしかしない主義。
    根本が芸人。
    バーコード
    ブログ内検索
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    はい!さっきの記事の続きですよ~♪

    ものっすぉい長いのでスクロール頑張ってくださいね・・・(汗)

    ではでは!!

    <夜編>

     

    クロコ「今黒白灰サマの日記見ました~vv

    むぅ…では…夜猫ちゃん!ちょっと頭の足りない大型犬飼う気あります?(笑)」

     

    ユキ「はい、よろこ」

     

    夜猫「何故勝手に決めようとしているのですか…?」

     

    ユキ「えーいいでしょ?」

     

    クロコ「即答とは…ユキ…お主も物好きよのう…(何キャラ?)」

     

    夜猫「クロコ殿は私に訊かれているように思いますが?」

     

    ユキ「そうだけど~」

     

    夜猫「…私は蜊蛄殿のような方は嫌いではありませんので…」

     

    クロコ「おぉ!?」

     

    ユキ「ので?」

     

    夜猫「蜊蛄殿が宜しければ、私は…構いません」

     

    ユキ「だそうです(笑」

     

    クロコ「わぁ~い!!\(●´▽`●)/

    ほらほらザリー!夜猫ちゃんがこう言ってくれてるよvv」

     

    蜊蛄「おー。ありがとなー★俺も夜猫みたいなヤツ大好きだぞー(ニコニコ)」

     

    ユキ「良かったね~夜猫」

     

    クロコ「かぁ~!w(゜Д゜w)ダメ!ノンノン!!

    キミはすぐに『大好き』言うだろう!!

    どこがどう好きかまでいいたまえ!」

     

    蜊蛄「んー…そうだなー。

    夜猫は頭いいし、もの静かですげーよなー。

    あとはちっこくて可愛いしなー

    でもやっぱ一番は笑った顔だなー。
    美人なんだからもっと笑った方がいいぞー?

    あとはなー」

     

    夜猫「………///」

     

    クロコ「も…もうたくさんだ…ち…ちくしょう…な…なんで照れないの今のセリフで…(←自分が恥ずかしくなってきた)」

     

    ユキ「ん?珍しい、夜猫照れてるの?」

     

    夜猫「…五月蝿いです……蜊蛄殿、私はそんな大層な人間ではございません//」

     

    蜊蛄「んー?だって全部ホントだぜー?」

     

    クロコ「本当なのは分かったから少し黙れ。(マジ顔)

     

    蜊蛄「???(汗)」

     

    ユキ「ところで、ザリーみたいな人ってどんな人の事?」

     

    夜猫「…何時も明るくて…笑っていて…素直な方です」

     

    ユキ「ザリーの性格をそうとったか…

    こちらこそよろしくお願いしますv」

     

    夜猫「宜しくお願いいたします、蜊蛄殿」

     

    クロコ「うふふvvよろしくです~」

     

    蜊蛄「よろしくなー♪」

     

    ユキ「ところでさっきから日計君にデートのお誘いを受けているのですが…」

     

    クロコ「ぎゃん!!みんなのアイドル日計君とデート!!?

    ひ~!いきなりピンチだぞザリー!!(汗)」

     

    蜊蛄「でぇと?」

     

    クロコ「………このおバカが!!

    一緒にお出かけして遊んだりすることです~!!」

     

    ユキ「やっぱりザリーの彼女になるなら、日計君とデートはまずいでしょう(汗)」

     

    クロコ「う~む…どうするべきか…(悩)」

     

    蜊蛄「俺、行くー!!(目キラキラ)」

     

    クロコ「いっ!!?(汗)」

     

    蜊蛄「そっかー。『でぇと』って遊ぶことだったのかー」

     

    クロコ「や…ちょ…待…」

     

    蜊蛄「何して遊ぶんだろーなー?また飛蝗んとこでやったみたいなのになんのかー?そういや日計としゃべったこt」

     

    クロコ「ちょっと黙れ~~!!w(゜Д゜#w)

     

    夜猫「…私は行くとは言ってませんよ」

     

    ユキ「餡蜜に釣られそうだったくせに…」

     

    夜猫「…………」

     

    クロコ「や~!餡蜜好きなの~?かぁいい~vv(キューン)」

     

    蜊蛄「なークロコー!」

     

    夜猫「餡蜜よりみつ豆の方が好きですが…」

     

    ユキ「その話は置いておこうよ…(汗)」

     

    夜猫「………」

     

    蜊蛄「なー!『でぇと』はー?」

     

    クロコ「ムキーッ!!あぁもう分かった!こっち来なさい!説明してあげるから!」

     

    蜊蛄「はーい。」

     

    ~数時間後~

     

    クロコ「…や…やっとザリーが『デート』の意味を理解しましたよ…(瀕死)」

     

    ユキ「お兄様大丈夫ですか~(汗)」

     

    クロコ「うひひ…ダメなようで…ダメでいて…まぁ結局はダ…メ…だ…(バタッ)」

     

    ユキ「あ…死んだ…(汗)」

     

    蜊蛄「んー…そっかー…夜猫は可愛いもんなー…(しょんぼり)」

     

    夜猫「…蜊蛄殿は私が日計殿と二人でデートしても、構わないのですか…?」

     

    蜊蛄「んー・・・俺は行ってきてもいいぞー?」

     

    クロコ「え~~!!?Σ(゜◇゜;)

     

    ユキ「あ、生き返った…(汗)」

     

    蜊蛄「日計の気持ちもくんでやらなきゃだしなー。それに…」

     

    クロコ「それに?」

     

    蜊蛄「夜猫は浮気なんてしねーもん♪(ニコー)」

     

    クロコ「…ヤバイ…キミと話してると砂糖吐きそうになる…」

     

    蜊蛄「クロコは砂糖吐けるのかー!?すげーなー(感心)」

     

    クロコ「………(バタッ)」

     

    ユキ「あ、また死んだ…(汗)」

     

    夜猫「………」

     

    ユキ「あぁそうだ、で、どうすんの?」

     

    夜猫「お断りしておきます」

     

    ユキ「みつ豆に釣られかけてたくせに~」

     

    夜猫「…みつ豆をご馳走して頂くだけとはいえ、蜊蛄殿とも一度もデートなどしていないのに日計殿と行くのは…//」

     

    ユキ「まあ、ね(苦笑)」

     

    夜猫「ですから…日計殿には丁重にお断りしておきますので…」

     

    ユキ「うん、それがいいだろうね…」

     

    夜猫「浮気などするつもりもないですし」

     

    ユキ「それはそうでしょう(笑

    っていうか大丈夫ですか?お兄様(汗)」

     

    蜊蛄「なークロコー」

     

    クロコ「…何かしら…?

     

    蜊蛄「ユキが呼んでるぜー?疲れてんのかー?」

     

    クロコ「…キミに単語一つ覚えさせるのに12年分位しゃべったからだよ…(ぐったり)」

     

    蜊蛄「元気だそうなー?飲み物でも持ってきてやるからなー?」

     

    クロコ「うぅ…ありがとう…(感涙)」

     

    蜊蛄「砂糖入れる袋も持ってくるからなー?」

     

    クロコ「………バタッ(死)」

     

    ユキ「またまた死んだ…(滝汗)」

     

    蜊蛄「あれー?クロコ寝ちまったなー…(困)

    しょーがねーなー…(布団かける)

    夜猫、なんか悪いことしちまったなー。
    気ぃつかわせちまったかー?(汗)」

    それに日計にもだなー。

    『ごめんなー?元気だせなー?今度一緒に遊ぼうなー?』

    って伝えてくれるかー?」

     

    夜猫「…蜊蛄殿、私は気を使ったとかそういうわけでは無くて…したいようにしただけなので気にしないでくださいませ///」

     

    ユキ「日計君への伝言はわたしがちゃんと伝えとくんで♪」

     


    蜊蛄「おー。ありがとなーユキー★

    でもやっぱ困らせちまったからなー。
    夜猫にはお詫びに餡蜜でもみつ豆でもご馳走するからなー?」

     

    ユキ「あーこいつはほんとに気を使ったとかそういうのではないのでお気遣い無く~★」

     

    蜊蛄「そうかー?…あ!そうだ。夜猫、今度一緒に『でぇと』行こうなー?(ニコッ)」

     

    ユキ「夜猫ーザリーからデートのお誘いだよ★」

     

    夜猫「っ!?

     

    ユキ「良かったね~v」

     

    夜猫「………ざ、蜊蛄殿と…デート…?///(あわあわ

     

    ユキ「君がそんなに動揺するのも珍しいね…」

     

    蜊蛄「あははー。夜猫は照れた顔もかわいーなー★」

     

    夜猫「!!!!///

     

    クロコ「ぐはっ!あ、甘ぁっ!!!w(゜Д゜;;w)

    …お?…き…気絶してたのかクロコは…じゃあ今のとんでもないセリフは夢だよな。うん夢だうんうんうん。(汗)
    ん?ザリー、何してんの?」

     

    蜊蛄「あ、クロコーvv

    あのなー、夜猫のこと『でぇと』に誘ったんだー♪」

     

    クロコ「あら、エライエライvv

    …『デート』の意味は…?(最終確認)

     

    蜊蛄「『恋人同士でお出かけ』だろー?

    俺は夜猫のこと大好きだかんなー♪ちゃんと『でぇと』出来るぞー★」

     

    クロコ「………ドサッ(再び死)」

     

    ユキ「あぁ…お兄様がまたまたまた死んだ…(滝汗)」

     

    クロコ「おぉ~…まだ…生きてるぞ…よ、夜猫ちゃん…困らせてスマンです…なんか…やっぱ気をつかわせたんじゃないかって気がして…」

     

    蜊蛄「でも『違う』って言ってるぜー?」

     

    クロコ「だからぁ、それも!」

     

    蜊蛄「でもよー」

     

    クロコ「???」

     

    蜊蛄「夜猫は気ぃつかわなくても優しいし、気がきくぜー?」

     

    クロコ「ぶ~!!(砂糖吐いた)」

     

    蜊蛄「わー!!クロコー!!?(汗)

     

    クロコ「ぐぅ…くっ…ク…クロコもこれまでか…ざ、ザリー…さ、最後に一言…」

     

    蜊蛄「んー?終わりかー?」

     

    クロコ「クロコ明日も塾だからね…(遠い目)」

     

    蜊蛄「そうかー仕方ねーなー。

    じゃあ夜猫、『でぇと』にはちゃんと連れてくかんなー★」

    照れてる夜猫、すっげー可愛かったからなー♪サービスするからなー?」

     

    クロコ「ぶふぅ~!!(さらに砂糖吐き)」

     

    ユキ「お兄様…(滝汗)

    夜猫、ザリーがデート連れてってくれるってさ♪」

     

    夜猫「…楽しみに…してます//(照」

     

    ユキ「では~(- ̄▽ ̄-)ノ〃」





    end

     

     

    蜉蝣「・・・・・・・・///

     

    ね?クロコ4回死んだでしょ?(自慢げ)

     

    蜉蝣「自慢するな!!な、何故恥ずかしがらないのだあいつは・・・!こ、こちらが恥ずかしくなってくるぞ・・・!!(赤面)」

     

    実はね~その次の日にユキに協力してもらって、ザリーよ夜猫ちゃんをメールで対話させてみたんだけど・・・

    いんや甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘い甘いあm

     

    蜉蝣「しつこい!!

     

    ガンッ!!

     

    うぎゃん!!

    だって・・・ホントなんだもん・・・(泣)

     

    蜉蝣「いったいどんな話をしたのだ・・・(汗)」

     

    詳しくは明日ね。今日は流石に長いから。

     

    蜉蝣「はっ!!?(汗)」

     

    私信たまってるんだけど・・・『言う』っていっちゃったからなぁ・・・明日はその内容になるだろうなぁ・・・

     

    蜉蝣「ちょっと待て!!わ、私は・・・!!(あわあわ)」

     

    ・・・うふふふ・・・これからも甘いんだよ蜉蝣さんんんんんんんんんんん~~~~~~~~~!!!!!!!!!(ものすごい必死な形相)

     

    蜉蝣「いっいやぁぁぁぁぁ!!!!(滝汗)分かった!!分かったから落ち着け!!(汗)」

     

    とりあえずね、紅露サマが答えてくださったバトン回答みて、今後は紅露サマを『アキラちゃん』と呼ぶことにしたよ★

     

    蜉蝣「本当に落ち着け!!!!(汗)

     

    クロコ、一回でいいから誰かを『アキラちゃん』って呼びたかったんだ!!

     

    蜉蝣「なんだその全国の『アキラ』にはた迷惑な願望は~~!!(滝汗)」

     

    いいじゃんよぅ~『温厚執事アキラちゃん』♪

    お~んこ~うしつっじ~♪ アキアキアキアキアキラちゃ

     

    蜉蝣「ふざけるなぁ~~~~~!!!!!!!!

     

    ドゴーーーン!!!

     

    あれぇぇぇえぇぇぇぇぇ~~~!!

    ハニー!クロコもハニー一筋だよ~~~!!!

    某方のウソがウソでよかったんだよ!虹鱒さんステキなんだよ~~~~~!!!!!

    黒白灰サマとクロコの友情は『変わらない』じゃない!『どんどん深く』なっていくんだよ~~~~~!!!!!!!!!!

    鉄リナぐっじょぶなんだよ~~~~~~!!!!!!!!!!(フェードアウト)

     


    そういや『HPバトン』で名付け親希望のとこにクロコがいっぱい・・・vv

    えへへへぇ・・・(嬉)・・・でもクロコ、センスないぞ・・・?(汗)


    明後日の雑談メンバーは斑猫君・髪切さん・なつ・黒鳥・蜉蝣・・・大所帯だなぁ・・・みんな動かせるか・・・(汗)

    そのときにでもハニーのところに誰かを出張させるつもりなのですvv

    待ってて!ハニー!!

     

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    むすー。 HOME 超大作だぜ二部構成!!
    Copyright © PANDEMIC All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]