忍者ブログ
基本オリジナル。 やりたいことを、やりたいときに
2018 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2018/06 07
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [11/15 鈴華]
    [09/22 鈴華]
    [09/13 クロコ]
    [09/04 櫻]
    [08/10 黒白灰]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    クロコ
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    楽しいことしかしない主義。
    根本が芸人。
    バーコード
    ブログ内検索
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    どもです~vv今日は予告していたアレをやりますよ~♪

    あ。先日の絵チャでご一緒してくださった方ありがとうございました!!

    某方が来た瞬間にクロコ落ちちゃって・・・おしゃべりしたかった・・・(しゅ~ん)

    ザリー呼びしてくださってうれしいのですよ~♪


    ではでは続き!!

    どうも皆さんご機嫌麗しゅう~♪

     

    蜉蝣「おい・・・」

     

    はい、蜉蝣さん。

     

    蜉蝣「はい元気です。・・・って違うわ!!何故私が呼び出されたかを聞いておるのだ!!懐かしいマネをさせるな!!」

     

    おぉ・・・蜉蝣さん・・・被害者&ツッコミ体質のおかげでノリツッコミを覚えたんだね・・・お父さん嬉しい!!

     

    蜉蝣「喜ぶなぁ~~~!!!!w(゜□゜♯w)

     

    ゲシッ!!

     

    ふげっ!・・・もぉ~怒りんぼだなぁ・・・せっかく髪切さんとかが美人だって言ってくれたのに・・・

     

    蜉蝣「なぜその話が出てくるのだ!!///いい加減に何故呼び出したかを言え!!」

     

    助けてください(切実)

     

    蜉蝣「!!?(汗)」

     

    一人で報告できません。あいつら甘すぎるんで一人で報告したくないんです。頼むから一緒にいてぇ・・・っ!!(土下座)

     

    蜉蝣「・・・ぐぅ・・・わ、分かった!!分かったから頭を床にこすり付けるのはやめろ!!・・・まったく・・・蜊蛄とやればいいだろう・・・(汗)」

     

    うぅ・・・だって『恐怖の天然たらし男、蜊蛄君の恐怖』っていったのに『恐怖2回もいうな!』ってツッコんでくれないんだもん・・・(泣)

     

    蜉蝣「・・・いったいどんな内容なのだ・・・(汗)」

     

    あのね、昨日『クロコとユキのメールの内容を話すね』みたいなこといってたでしょ?あれ。

     

    蜉蝣「まぁ・・・構わないが・・・」

     

    よし!!ではいきます!!昼編!!



    蜉蝣「昼編!!?」

     

    そう・・・あれはザリーが久しぶりに日記に登場した次の日のことでした・・・

     

    蜉蝣「『ほん怖』か!!!いい加減古いわ!!(怒)」

     

    ゲシッ!!

     

    ギャー!!(汗)

     

     

    <昼編>




    ユキ「おはようございますお兄様!」

     

    クロコ「おぉう!?ユキか。おは~★(- ̄▽ ̄-)

    どったの?こんな朝に。」

     

    ユキ「昨日の日記見ましたよー!

    ザリーがvザリーが出てましたね

    しかもお礼を言われてしまいましたよ♪


    なんとお礼を言えばいいやらvVありがとうございました★」

     

    クロコ「いえいえとんでもないですよ~♪

    なぁザリーよ。」

     

    蜊蛄「なー?」

     

    ユキ「ーっ!ザリーだv」

     

    クロコ「…また「なー」か…朝からボケてるな…キミは…」

     

    蜊蛄「ユキーホントにありがとなー★」

     

    ユキ「いえいえどういたしましてvV

    あ~ほんとわたしはいいこでボケボケ(←)なザリーが大好きですよ(笑」

     

    クロコ「…うん…そうなんだよ、いい子なんだ…キミはいい子なんだよ…だからもうちょっと慎重になってくれれば…!!

     

    蜊蛄「んー?身長?俺、身長は高いぞー?」

     

    クロコ「…ダメだコイツ…orz

     

    蜊蛄「???」

     

    ユキ「あはは♪

    そういえば、ザリーの彼女は啄木鳥さんになるんですかね~?」

     

    クロコ「むー?どうでしょうかねぃ…

    フラれたらどうしようかなぁ…(汗)」

     

    蜊蛄「?『フラれ』ってなんだー?」

     

    クロコ「…キミはホントに…(汗) まぁ今は分かんない方が都合いいか…」

     

    ユキ「もし万が一フラれるようなことがあれば、なんならうちのでも…」

     

    クロコ「ま、マジですか~!?(嬉)」

     

    蜊蛄「なー!クロコー!」

     

    クロコ「夜猫ちゃんめっさかぁいいじゃないですか~!!」

     

    蜊蛄「なー!『フラれ』の意味ー!」

     

    クロコ「あ~!もう!いいの!

    『フラれ』はいいの!お父さんは大事なお話中なの!あっちで遊んできなさい。」

     

    蜊蛄「???はーい。(あっちに歩いていく)」

     

    クロコ「道路には飛び出さないんだよ~(手フリフリ)」

     

    ユキ「お母さん…?(汗)」

     

    クロコ「お兄様です!…にしてもザリーめ…幸せ者…」

     

    ユキ「お兄様とザリーが宜しければ是非v

    ただし奴は静かにしてるくせに、慣れるとべたべたし始めるので気持ち悪い上にうざいの」

     

    夜猫「なにくだらないことを言ってるんですか」

     

    クロコ「お?」

     

    ユキ「ん…丁度いいところに来てくれたようです(笑

    今ザリーがふられちゃったら君をもらってもらえると嬉しいな~vって話を…」

     

    夜猫「クロコ殿初めまして。真庭夜猫と申します。」

     

    クロコ「お。はじめまして~vvクロコで~す★\(●´▽`●)/」

     

    ユキ「聞いてくれよ(汗)」

     

    夜猫「聞いてます。だから、何くだらないこと言ってるんですか。ふられたら、なんて不謹慎な」

     

    ユキ「確かにそうだけど…」

     

    夜猫「クロコ殿、うちの親が不謹慎なことを申してしまい、申し訳ありませんでした」

     

    ユキ「すいませんでした(しゅん…)」

     

    クロコ「え!?えぇっ!!?平気ですよぅ!(汗)」

     

    ユキ「でも、もしもの時はもらってくださると嬉し」

     

    夜猫「黙れ

     

    クロコ「あはは!んじゃもしものときはよろしくお願いしますvv」

     

    ユキ「こちらこそ~♪


    ザリーとは秋香お姉様の顔合わせでもご一緒させてもらったのですよvv」

     

    クロコ「マジですか!!?運命を感じますねぇ★」

     

    ユキ「ですよね~♪」

     

     

    はい、昼編終了★

     

    蜉蝣「・・・あいつは・・・相変わらずだな・・・というかまた変な場所で区切れているな・・・」

     

    このあと塾だったんだ・・・(哀)

    はぁ・・・このときちゃんと『フラれる』について教えておくべきだったなぁ・・・

     

    蜉蝣「まぁ後悔先に立たずというからな。」

     

    ・・・うふふふ・・・で、夜がヒドイんだよ蜉蝣さんんん~~~~~~~~~!!!!!!(必死な形相)

     

    蜉蝣「わぁぁぁぁぁぁっ!!?ちょっ・・・そんな顔して縋り付いてくるな!!(汗)」

     

    だって甘いんだもん!!あのおバカが深く考えないでポンポンえらいセリフ口に出すから~~っ!!(泣)

     

    蜉蝣「・・・あいつだからな・・・」

     

    しかも驚愕の7000字★

     

    蜉蝣「長いな!!

     

    糖分たっぷり・大ボリューム・・・なんだよ・・・どこの大食いファイトなんだ・・・燃えてしまえ!!(ムキーッ!!)

    では・・・みなさん・・・いきますよ・・・?


    そう・・・あれはクロコが黒白灰サマの日記をみたときでしt

     

    蜉蝣「さっさと始めろ~~~!!!

     

    始めると見せかけて・・・次の記事へGO!!

     

    蜉蝣「エイプリルフールはもう過ぎたぞ!!?」

     

    だって・・・スクロールが・・・(汗)

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    本日二件目~♪ HOME いそげいそげ~!
    Copyright © PANDEMIC All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]