忍者ブログ
基本オリジナル。 やりたいことを、やりたいときに
2018 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2018/12 01
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [11/15 鈴華]
    [09/22 鈴華]
    [09/13 クロコ]
    [09/04 櫻]
    [08/10 黒白灰]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    クロコ
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    楽しいことしかしない主義。
    根本が芸人。
    バーコード
    ブログ内検索
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     

     


     



     

     

     

    貴方から奪った心が離れたって、仕方がない程に今の私は壊れてる

    だってまたサイコロが同じ目しか出さないの


    狂った世界でさえ日々前に進んでいくのにね

     

    『苔の生したこんな代は』 チリヌルヲワカ

     

    ***

     

    クロコ的、金ちゃんイメソン。


    歌詞というか曲調ですかね

    アップテンポだけどどっか気怠くて、楽しげだけど調子っぱずれ


    この曲はきっと等身大なメッセージがこめられてるんでしょーが、素敵センスの比喩表現を全部そのままの意味にするとコイツっぽくなる悲しさ←

    まぁここまでまともじゃないんですけどねコイツ。


    音源は、残念ながらオリジナルが見つけられなかったのであえて貼りませんでした

    コピーバンドとかはあったけど、やっぱりオリジナルが好きなのですよね…(´・ω・`)

    笑顔動画でギターのみコピバンで、ボーカルの音源はオリジナルってのもあったので、興味がある方は曲名で検索してきいてみてね☆

    あいちゅーんでは150円で購入できまっせー


    シュレ/ディンガーでも今度なんかかきたいなー♪

    にしてもコイツはグリコポーズが似合いますね←\*<◎>▽<◎>*/

     

    そんな訳で、先日語る機会があったので自分の中での整理もかねて金ちゃん語り。

     

    コイツはクロコにやたらとガイキチ呼ばわりされて、実際ガイキチでしかないんですが、実は常識はしっかりあります。

    わあ!残念!!^^^^


    っていうのも、金ちゃんの『僕の生/きる道』はズバリ好奇心なんですが、それゆえに彼は好奇心を満たすことに対して自分なりの美学を持ってます。

    彼は知りたいと思ったことを正しく理解して、正当に評価したいし、それが礼儀だと思っている。

    それが物であろうが人であろうが。


    なので、物事を評価するための基準として、常識はしっかり持ち合わせてるんですね

    そんなんだから時折まともなことを言ったりもします。コイツにいわれても腹たつだけだけどな^q^

     

    それでも基本的にどんな相手に対しても否定的なことを言わないのは、コイツの他者の見方が若干(?)特殊だからです。


    普通、私達って常識と自分の物差しを使って他者理解をすると思います。

    一般的な基準と、自分なりの基準をもって相手を評価する訳です。


    コイツは、常識と相手の物差しを使って他者理解をします。

    一般的な基準と、相手の基準を使って他者理解をするんです。


    悪役だと思っていた人が、実は辛い過去を持っていて…っつー話はよくありますが、金ちゃん的にこれは非常に遺憾の意。

    だって、可哀想な人を悪い人と評価するのは、正当な評価じゃないでしょう?

    悲しいことがあったからって悪いことしてもいいって訳じゃあないですが、極悪人とは違いますよね。


    置かれてる立場とか、人間関係とか、過去とか、好みとか、癖とか、そういうものでその人なりの基準は変化していきます。

    一つ一つの行動の意味しかり、善悪の判断しかり、

    だから、その人の基準で、相手を考える。


    『受け入れる』なんて温情こもるものではないですが、彼は相手に対して考えられる限りの最大限の理解をします

    金ちゃんは情状酌量の天才。

    ここは彼の美点ですね。理解であって、共感ではありませんが。


    という訳で、相手を否定しないのは、最大限の理解をもって大いに納得してしまっていることが多いからです。

    あと、否定することは相手の理解を諦めることに近しいので彼的に禁止事項。

    正当な評価をするためと、ちゃんと思ったことを正直に伝えたいという気持ちから相手に絶対に嘘をつかないってとこも数少ないコイツのいい所でしょうねー

     

    まぁこれだけ聞くといい人に聞こえそうですけど、善意に基づいてる訳じゃなくて好奇心に基づいている訳なので、手段は選ばないから結局ガイキチである←

    こんな感じでやたらめったら質問したり舐めたり襲ったりなんやりで、納得して興奮して、また新たな疑問が浮かんでやたらめったら…ての繰り返しがいつものあの感じです。

     

    ちなみにコイツがガイキチたる所以は多々あるのですが、あの恐ろしい浮気癖は、『その時々で一つのことにしか集中できない』ってことと『相手の相関図に自分を組み込めない』ことが原因です。


    一つのことにしか集中できないっつーのはそのままの意味ですね。

    Aさんと一緒にいる時は、もうAさんのことしか考えらんない。Aさんのことで頭がいっぱいです

    でもその後Bさんと一緒にいるときはBさんのことしか考えられません。Bさんの全てが気になって気になってしょうがない。

    興味あることに対しては、人って物凄い集中力を発揮すると思いますが、コイツはあまりに多くのものにそれが適応されるのでその時その時で目の前のことで頭がいっぱいになっちゃう

    だから正直浮気を浮気と認識していない。

    吾輩、君のことしか考えていない!考えられない!世界の中で君だけしか見ていないのだよ!!(ただし期間限定)


    相関図に自分を組み込めないっつーのは、↑のことが関連してます

    例えば誰かがコイツを好きになってくれたとします。

    そしたらコイツは相手に興味津々なんですが、相手の恋心に興味はあっても、相手の想い人にそこまで興味がないんですね。

    何故なら、その時は目の前の相手のことしか考えてないからです

    恋をした相手がどんな様子で、どんなことをするかにしか注目していないので、それを向けられているのが誰かなんて気にできない。

    だから相手の想い人が他の誰かでも、自分でもコイツは同じ反応しかしません。相手の一挙一動に夢中すぎて、ほかの事にまったく目なんてむけやしない。

    想い人が自分じゃないときは場合によっちゃあ「嗚呼、あのような人物が君の好みなのかね!」みたいな感じで少し興味をもつかもしれませんが、それでも興味の99%は目の前にいる人に注がれてるわけですし、それが興味なんてひとかけらもない自分だったら、ねぇ?


    だからコイツは愛することはできても、恋ができない。

    自分に興味がなさすぎて、自分に目が向けられない。

    相手の物差しは持ってても、自分の物差しを持っていないから自己評価ができない。

    だから相手の自分に対しての想いが理解できなくて、自分に向けられているものを上手く理解できないから、気持ちを受け取ることがとってもヘタクソ。


    どうにか恋愛させるとしたら………んー、監禁とかしたら多少上手くいくと思いますが、ずっと一緒にいないと脱走して、一人で寝たはずなのに起きたら隣で閉じ込めてたはずのガイキチが寝てたとかホラーな展開になりかねないですな←

    どうにか恋人と認識させても、浮気癖は治りませんでしょうね´`

    ガイキチェ…

     

    うぁあー、たいした説明してないのに疲れた…

    コイツ、考えてること特殊すぎて説明に体力使う…orz

    でもこういうのって読むの楽しいし、参考になるよね。ってことで、修羅場を越えたらみんなもっと語るんだ!

    え?私?

    今絶賛修羅場ですけど何か?^^


    拍手してくださった方ありがとうございます!!創作意欲の糧になってますvv

     

    PR

     

     

    http://file.pandemic.blog.shinobi.jp/sintyo.png

    ↑画像がデカかったのでリンク貼ります。クリックで表示されるはず

     

    自分用の資料として、身長表がほしかったのと、あと服を考えるのに傾向をまとめておきたかったので。


    そんな厳密に計算しないで描いた(もともと落書きだったんだ…)ので、あしからず。

    ヒールの差分は考えないでくれたまえ…←←←


    男子組と女子組で分けて描いたので、若干ずれがある感じ。

    蜉蝣さんもうちょいちっさくてよかったなー

     

    あとA4横に使ってかいたから、なんか頭身つまってるけど気にしないでね☆

     

    バランスェ…

     

    蜉蝣さんとのんちゃんの身長に関してはもしかしたら今後変更があるかもしれません。

    まぁとりあえず今のところはこんな感じ

    追記から私服の傾向に関する詳しい文章設定。


    追記つかっちゃうから私信は次回~


    拍手してくださった方、ありがとうございます!!励みになってますよん♪

     

     

     



     

     

     


    あのね、メガネの名誉のために言うのですが、彼は178cmあります。

    むしろデカい方です。

    悪いのはサイズ野郎2人です。


    いまさら自分のキャラの身長分布図に唖然としたクロコだよ、男性陣でかすぎる^q^

    あ、ちなみにばみさんは189cmになりました。

    よかったねばみさんもっと怖くなったぞ←


    そんな訳で、まとめようまとめようと思ってまとめてなかった現代パロディまとめ。(まとめまとめうるせぇ←)

    まずは野郎共からいきますよん

     

     

    ***

     

     

    <黒鳥さん>

    『天城 黒司(アマシロ クロス)』というちょっと笑うしかない名前の持ち主。

    あまりに『十字架』というモチーフが似合わないので、みんなちゃんと名前を呼んでくれない。

    本人は不満←

     

    訳アリ研究所に勤務しており、まぁ好き勝手にやってます。(発明品の用途的な意味で)

    ってか大人しいと逆に怖いから、特に誰も口出ししないんだと思います←

     

    白衣が嫌だからという理由で、黒衣を愛用(超余談ですが、クロコの学校は実験とか解剖のときブルー衣を着ます←←←)

    服はやっぱり赤×黒。髪は大抵縛ってると思います。

    メガネはかなりの数を持っていて、毎日毎日変えてきています

    中学時代からの先輩である、蜉蝣さんですら未だに見たことがないメガネがあるので全体でいくつあるかは本人以外誰も知らないとのこと。

    というか下手したら本人も知らない

     

    現パロでも悪友続行なら、紳士の持ってるパソコンだとかケータイだとかのグレードアップをしたりして、お返しに情報をもらったり何なりしてるんだと思われる。

    知り合ったのはおそらく大学。

    謎のサークル作って、おんぷちゃんと3人でgdgd過ごしてる気がする。(あれ?年齢…スルーで!←)

     

    <ザリー>

    『沼倉 遥』(ヌマクラ ハルカ)

    職業はホストで、源氏名が『ザリー』

     

    「何で『ザリー』」ってツッこんだら負け←

     

    たぶん高卒で、働いてるんじゃないかなーと思われ。

    高校は夜猫ちゃんと一緒だと信じてる。

    部活については前にも語ったよな、部活内恋愛は正義(`・ω・´)+

     

    ホストクラブではアホキャラで売ってるんだと思います(実際アホだけども)

    ルパンスーツで余計にアホそうだねっ☆

    結構売れっ子だと思われますが、ザリーのNO1は一人だけですのでご安心を。

     

    普段はエスニック系の原色トップスにダメージジーンズを着ています。

    縛ったり、カチューシャやらヘアバンド使ったりして、髪の毛はかならずいじってるのではないかと。結構長いから邪魔でしょうし。

    で「切ればいいじゃん」といわれると「あなたが神か∑(゜д゜)」的な顔をする程度にはアホです。ザリーです。

    帽子でおさえてることも多いんじゃないかな。

     

    <ばみさん>

    『三河屋 仁湖』(ミカワヤ マサウミ)。と見せかけて、本当の読みは「ニコ


    養護施設の保母さん(現パロでも物心ついたときは孤児)につけてもらった名前で、さすがのばみさんでも恥ずかしかったらしく何とか変えてもらおうとひきさがったりもしましたが、

    「いっつもニコニコしてはって可愛いいんやもんvvニコちゃんでエエやん」

    とニッコリ返されて負けました←


    独立してから、かなりやっきになって隠したので、何とか「まさうみ」で通っている今現在。

    (ちなみに通常時の本名も「ニコ」です。真庭の人たちはおろか、町の人たちも知りませんがね。ばみさんの子供時代の設定はボンヤリあるので、今度の機会にブツブツ呟きたいと思いますですよ)

     

    居酒屋『蟒蛇』を経営している主人です

    顔でお客さんにビビられるのは相変わらずですが、お酒の味の良さと人柄のおかげでなかなか繁盛してます。

    強面のせいで近所のヤンキーちゃんたちに喧嘩売られては、うっかり返り討ちにして、お詫びにご飯食べさせてあげて話聞いてってやってるうちに懐かれて、何時の間にやら従業員になってる←

    ここら辺はフツーの設定と変わらないかな。


    目を隠すのに、グラサンやら眼帯はオプション(寝るときは医療用眼帯してます)

    いっつもゴッついヘッドホンしてますが、耳がどうなってるのかは誰もみたことがないので…まぁ七不思議ってことで← 傷はしっかりあります。

    髪の色も相変わらずコロコロ変わります。今回はGWが来いってことで金髪。よけいにヤンキー臭い罠

    服は、蛇柄やら豹柄のピッタリしたトップスに、黒革のズボンをはいてることが多いです。ロック系の服装…なのか?

    前掛けはどこに居ようが大抵つけたまんま。

    本人曰く、「宣伝、宣伝☆(後ろに店名のロゴが入ってる)」とかほざきますが、ただ単に外すの忘れてそのまま来ちゃってるだけです

    口が上手いのも相変わらず。

     

     

    ***

     

     

    なかなかの文章量だぁ…

    女子組かくの面倒くさいなぁ…(´・ω・`)


    追記に私信~♪


     

     

     




     

     


    筋肉質な身体、すごくいいと思います。

    男の背中、かっこいいと思います。

     

    でも背中をかくのも、筋肉をかくのも大の苦手っつうな!!

     

    好きなものと、描けるものって結構一致しないよね。ばみさんだしてからは、今までの5割増しで画力の壁にブチあたってますクロコです。

    見本がなさすぎるんだ、見本が。

    クロコ、腹なら割れてるんだがな。ムニッと横に3つに←


    ばみさんの胴体には結構すごい勢いで刺青はいってます。

    胴体から右足にかけてでっかい蛇がぐるぐる巻きついてる感じ。

    腰の辺りでグルグルしてるのは徳利ですだ。

    蛇はアナコンダ(ばみさんの元生物)のつもり、り。


    人前でみせるとあまりのインパクトに二度見される。

    そして怖さ倍増←


    フツーは銭湯とか拒否られるだろうけど、町内の人間に顔が広い+銭湯のおっちゃんと仲がいいのでよく町内の銭湯に行っては、おっちゃん方とだべったり、子どもに泣かれて仲直りに遊んでやったり、女の子に声かけたりしてます。

    銀さんお店きたとき、そのまま引きずってつれてってればいいよ←

    自宅に風呂あるけど銭湯の方がいろんな人と話せるし、好きな様子。

     

    そういや刺青って肝臓にすごく悪いのですが、このアル中肝臓ヤバくねぇか?

    人工肝臓つけちゃう?

    現代でも『不可能』とかいわれてるものをサラッとだしちゃえるあたり、ウチのメガネの便利設定具合はすごいと思う←←←

     

    追記で私信!!


    拍手してくださった方、ありがとうございます!!励みになってます!

     

     

     



     

     


    思い過ごしも甚だしい

    繋がりたいなんて嘆かわしい

    思い知って奈落のどん底


    それではお後がよろしいようで

     

     

    『うましかもの』 GO!GO!7188

    youtube http://www.youtube.com/watch?v=JhbyCU2LHP8

     

     

    ***

     

     

    めーちゃん単体イメソン。

    ゆうちゃんマジ神。そんな感じで、某方々に語れ語れといった手前、クロコも語らねばということでめーちゃん語り。

     

    めーちゃんは元の人格の一部というか半分の姿です。

    二重人格っていうよりも、一つの人格が無理やり二つに分かれたみたいな?過程がややこしいですが。

     

    前にブチブチ呟いたことがある気がしますが、この子は、ちっこいころ貧民街で迫害されたときに「このまま傷つき続けたらマズイなー」と判断した結果、ひどいこと言われて悲しくなる気持ちだとか、他人を恨んだりとか憎んだりとか、はたまた他人に同情したり哀れむ気持ちだとか、そういうものを一切消してしまったんですね。

    傷ついて、傷ついて、もう面倒くさくなってしまって。

    その時にブッチンした感情やら考え方の集合体がめーちゃんです。


    なので、めーちゃんの人格がいなくなっていたブランクの期間がありますから、めーちゃん単体での年齢は11歳となってます。

    なつよりもめーちゃんの方が幼いです。

    里に来たばっかりの時は歳を聞かれたとき、たまに実年齢より2歳下の歳をいってたかも。


    プラス、貧民街で母親と死別したあたりの記憶がまだ新しいので、まだまだ甘えたいさかりというか、親的な愛に飢えてます。

    愛されたいし、誰かを愛したいと思ってます。

     

    ですけれど、「自分は一回消された『劣』であって、闘うために、なつを守るためにひきだされているにすぎない。別に自分は幸せになるためにまた生まれてきたんじゃない」と自分の役割を理解しているので、飢えてはいても求めないし、受け取らないんですね。

    それは『なつ』の役割であって、自分の役割じゃないから。


    他人に優しくされてこの子が固まったりだの、目線はずしたりだのするのは受け取りたくても受け取れないからです。

    でもバシッと拒否することもできなくて(11歳の女の子だしね)内心オロオロしてるという。


    やっぱり嫌われたりとかそういうのは本当は嫌なのですよ。サイボーグじゃあるまいし。

    でも役割だから仕方がないのです。

     

    でも苦しくて苦しくて、その結果なつを守ることに過剰に傾倒して、なつに盲目的に尽くすことで自分を満たそうとしたのがめーなつのそもそもの始まりなわけで。

    めーちゃんは本当になつに対して愛情を感じていると思います。

    ですが、きっかけが嫌な言い方をすれば「利用した」というか、自分を正当化したいが故の庇護愛的なものでなくもなかったので、なつに対しての愛情もなんとなく臆病腰です。

    「すきすきーvv」みたいにはなれない。性格以前に罪悪感で。

     

    だからこの子は本当に可哀想。

    どうやっても幸せになんてなりきれないから。

    アイデンティティが『負』だから。

    救いなんて求められないのです、救われたらめーちゃんの存在意義がなくなりますし。

    せめて楽にはしてあげたい気もするけど………なんか書いてて無理な気がしてきた☆(おい親)

     


     

    HOME 次のページ
    Copyright © PANDEMIC All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]